口コミで人気の石垣島フォトウェディングランキング!

どんな魅力がある?石垣島で撮影するフォトウエディングの特徴

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/11
    

フォトウエディングをおこないたいと思っている人は少なくありませんが、どこで撮影するのかによって、写真の内容が大幅に異なります。沖縄・石垣島でおこなわれているフォトウエディングの特徴や、魅力を知って申し込んでいる人も多いといわれているため参考にしてください。

石垣島の特徴と撮影するプランとは

石垣島の特徴としてあげられているのは、どこで撮影をしても魅力的なスポットが豊富にあることでしょう。日本国内でありながら南洋の島々で撮影しているような美しい風景の下でフォトウエディングの撮影がおこなえます。

さらに沖縄本島よりもプライベートビーチで撮影しているような雰囲気を味わえることも特徴のひとつとなっており、ここ数年カップルの間でも人気です。さらに、アクセスしやすいのも特徴といわれており、仕事で休みがとりづらい人であっても、撮影に訪れやすいといいます。

結婚式をおこなわない代わりに、新婚旅行代わりに少し高めのプランでフォトウエディングをおこなう人も多くなってきました。ウエディングドレスだけではなく、琉球衣装を身につけて撮影できるプランも存在しているため、古民家などを使って沖縄らしい撮影をすることも可能です。

また、雨天に備えて島内で撮影がおこなえるスポットだけではなくスタジオも複数存在しており、オーダーメイドでのプランを始め、スタジオ側の提案するプランも存在します。自分達の希望通りのプランだけではなく、プランが浮かばない人でも安心して撮影できるようになっているのもポイントのひとつといえるでしょう。

実際にどれくらいの費用がかかるのか

衣装を持ち込むのかどうか、ヘアメイクを写真館の人に任せるのかどうかによって、費用は大幅に異なるといわれています。安い場合は5万円前後でできるといわれており、高い場合でも20万円程度とされているため、全国的な平均とほぼ同様といえるでしょう。

そのため、費用についてはそれほど気にすることなく撮影が可能となっていますが、遠方から訪れる場合は交通費もかかります。格安航空券を使えば多少割安となりますが、シーズンによっては高くなってしまう恐れがあるため、航空券の価格に注意が必要です。

オフシーズンといわれている12月から2月であれば多少割安な航空券が存在しているため、費用を抑えて撮影したい人には最適となります。プランの内容によって割安となるところが多く、金額とプランの内容を検討し、納得できるプランで申し込むことが後悔しない撮影につながるでしょう。

特にプランに含まれる内容について、あらかじめ確認してから申し込むことがトラブルを回避する重要なポイントとなります。撮影データやアルバムについてや、衣装は何着まで着用可能なのか、琉球衣装を身につけられるかなどです。

どんなスポットで撮影している人が多いのか

撮影できるスポットによって、写真やアルバムの内容は大幅に異なるため、スポット選びは重要なポイントとなります。マングローブと一緒に石垣島ならではの自然を堪能できるヒルギ群落をはじめ、観光地化されていないビーチとして知られる米原ビーチや底地ビーチも魅力的です。

また、SNSでも人気のスポットとされている平久保崎灯台をはじめとして、高台から緑と海をバックに撮影できるバンナ公園も人気となっています。古民家で撮影をしたい場合には八重山の家屋が残るやいま村で琉球衣装をつけて撮影をすると記念に残る一枚ができあがります。

撮影するプランによっては天の川を眺めながら撮影することができるプランもあるため、昼と夜で同じスポットで撮影して違いを楽しむのもいいでしょう。

 

石垣島は沖縄本島からのアクセスもよく、フォトウエディングをおこなうのに人気のスポットとして知られています。国内でも多くの人が新婚旅行代わりに撮影に訪れておりプランによってさまざまな撮影が可能となっているのが特徴です。

費用は5万円から20万円前後とされており、それに交通費や宿泊する場合は宿泊費用もかかることが知られています。複数の魅力的なスポットが存在しているため、撮影スタジオが提案するプランを参考に選ぶと魅力的なアルバムを撮影できるといわれているため、参考にしてください。