口コミ・評判のいい石垣島でおすすめの人気フォトウェディング

写真を華やかにする一工夫!ワンパターンにならないためのアイデア

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/11/05
    


フォトウェディングでは、好きな衣装や場所で撮影ができます。せっかくの機会ですので、お二人の素敵な写真を撮りたいですよね。一方で、どんなポーズをしたらいいのか分からない、ありがちなポーズしか思いつかないという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、フォトウェディングで真似したいポーズを紹介します。

手元・足元だけのカットもおしゃれ

全身撮影が終わったあとは、手元や足元にズームした撮影がおすすめです。手をつないだり、指切りをしたりする様子や結婚指輪を写せば、二人の絆が感じられる写真になるでしょう。互いの手でハートを作るのも、かわいらしく素敵な写真に仕上がります。

また、足元にズームするのもおすすめです。二人が向き合っている様子やハグをした状態を撮影すれば、雰囲気のある一枚になります。地面や砂浜に文字を書いて、一緒に写すのもよいでしょう。秋や春に撮影するなら、モミジやイチョウの葉、桜の花びらのじゅうたんの上で撮影でき、華やかで素敵な写真になること間違いなしです。

小物を使った演出

小物を使うと、写真がより一層華やかになります。イニシャルのアルファベットオブジェや「&」「LOVE」などのオブジェ、「Mr.」「Mrs.」と書かれたプレートを持っての撮影は定番のスタイルです。赤い糸でハートや文字を形作ったり、「Happy Wedding」や「JUST MARRIED」などと書かれたガーランドを使ったりするのも素敵です。そのほか、フォトフレームや黒板、傘、風船、糸電話、花冠やブーケなど、さまざまな小物があります。

和装なら、番傘や扇子、紙風船、折り紙、お面などを取り入れると、風情ある写真に仕上がります。小物は、フォトスタジオでレンタルできることが多いです。使いたい小物がある場合は、手作りしたり、100円ショップなどで簡単に購入もできます。持ち込みをする際は、持ち込み可能かフォトスタジオに確認しておくとよいでしょう。

構図や撮影場所の明るさにも気を遣ってみて!

構図やアングルを工夫すれば、よりオシャレな写真を残すことができます。階段での撮影は、長いドレスが際立って美しいですし、寝転んでドレスに埋もれるようにするショットも、ドレス全体が写りオシャレです。おすすめなのが、遠近法を使ったショットやシルエット写真です。

たとえば遠近法を使うと、手のひらの上に人が乗っている写真や、フレームやイニシャルブロックを巨大なオブジェに見立てた写真が撮影できます。シルエット写真は、二人の姿を影にして撮影する方法です。シルエットがきれいな衣装やヘアスタイルなら、よりオシャレに仕上がります。夕暮れどきの砂浜で、逆光を利用すればロマンチックな雰囲気を演出できます。和装なら、番傘越しの二人のシルエットを収めるのもおすすめです。

ハグや背中合わせなど二人の距離が近いポーズも◎

二人の距離が近いポーズなら、仲のよさや絆の深さを写真に収めることができます。ハグや、パートナーに抱き上げてもらいながら、二人の自然な笑顔を撮影するのはいかがでしょうか。

おでことおでこや鼻同士をくっつけたショットもかわいらしさがあり素敵です。ベールの中でおでこや鼻を合わせると、神秘的でロマンチックな写真が撮影できます。向かい合っての撮影が恥ずかしい方は、背中合わせで撮るのもおすすめです。目線をはずして撮れば、大人っぽいクールな印象を演出できます。

まとめ

今回は、フォトウェディングでおすすめのポーズを紹介しました。当日までに、インターネットや雑誌で調べ、二人でアイデアを出しあって撮りたいポーズを決めておくことをおすすめします。やりたいことが決まっていれば、焦らなくて済みますし、あの写真を撮っておけばよかったと後悔することも防げます。今回紹介したもの以外でも、アイデア次第で楽しい撮影になるでしょう。